ようこそ、茨城県九条の会へ!

知事等に対する要請書

FrontPage

茨城県知事  橋本昌 殿

 江は碧にして花燃えんと欲する季節、貴職には先の東日本大震災で大きな災害を受けた故郷茨城の大地と人心の復旧・復興に全力を傾けておられることと深く敬意を表します。
 加えて、指呼の間の東電福島原子力発電所の爆発事故がもたらした本県陸海空への放射能汚染、福島などからの避難者対応、農畜産物など風評被害、震災廃棄物処理など影響は深刻です。原子力先進県の知事として、日本原電東海第二発電所の廃炉対応、新エネルギー開発などとともに、脱原発の新しい科学技術の誘導など、貴職の手腕には県民が大きな期待を寄せているところです。
 これに反して、昨年暮れ発足した安倍内閣は、66年間日本国民に平和と発展をもたらした日本国憲法、特に9条の戦争放棄をなくし国防軍の創設、尖閣列島周辺への中国艦船の接近を口実に海兵隊的攻撃部隊の配置、海外派兵ができる集団的自衛権の行使まで検討しております。さらに靖国神社参拝や河野談話の不継承、偏った愛国心や偏狭な民族主義教育で戦後築き上げた民主的教育制度の改悪をめざすなど心ある国民や近隣諸国の不信感を増幅させています。

 茨城県九条の会は今年の憲法記念日アピールで、安倍首相は過去の侵略戦争を強く反省し、アジア諸国との友好回復に努力するよう厳しく申し入れました。
 優れた戦後教育の長所を十分に体感し、県内教育の進展に努力される貴職には、安倍首相の復古主義、権威主義に同調することなく、茨城の地で日本国憲法がめざす主権在民、基本的人権尊重、戦争放棄と平和主義の理念を実践する新しい地方政治と県民教育を実現されるよう希望し、期待いたします。
 2013年5月8日

茨城県九条の会 

・・・・・・

茨城県教育委員会教育長 小野寺 俊 殿

 緑ふかい青葉の頃、貴職におかれましては茨城県教育行政に邁進され、多彩な成果を上げておられることに深く敬意を表します。
茨城県では、2年前の東日本大震災で教育施設が大きな被害を受け、さらに東電福島原発の爆発事故で、放射線災害を陸海空の広範囲に被災するなど、県民挙げての努力にもかかわらずその傷跡を癒しきれていないのが現状です。
この間、多くの児童生徒を預かる教育現場でのご苦労、その先生方を支える県教委や市町村教委のご苦労に、県民は深く感謝しているところです。
ところで、昨年暮れの総選挙で勝利した安倍首相は、数に驕って日本国憲法の要である第9条改定を宣言。国防軍創設や尖閣列島周辺で睨み合う中国艦船の武力排除を声高に主張するなどアジアの周辺国とも緊張を高めております。
 同時に安倍首相は、戦後の民主的教育を攻撃し、教育制度や教育内容への露骨な介入を繰り返して、復古調教育や偏狭な民族主義的教育制度への改変を意図し、関係機関へ諮問までしております。
 
茨城県九条の会は、今年の憲法記念日に発表したアピールで「安倍首相は日本国憲法に手をつけるな。アジアの諸国とはよく話し合って、どんな難問も平和的解決をめざせ」と主張し、安倍首相に送付いたしました。
 茨城県教育委員会と小野寺教育長には、日本国憲法を厳守し、世界に通用する平和愛好の次世代を育てるために、教育委員会あげて徹底した憲法教育、人権教育を深めるよう要請するものです。
 また、行政・権力側からの教育制度改悪や教育内容への不当な介入には、教育の独立性堅持のため断固としてはねのけて頂くよう強く要請いたします。
2013年5月8日
             茨城県九条の会

・・・・・・

茨城県議会議長 白田信夫 殿

 緑の風薫る季節、貴職には茨城県政発展のためにご活躍のこととお慶び申し上げます。
 茨城県は2年前の東日本大震災と、それに続く東京電力福島原子力発電所の爆発事故で陸海空の広範な地域で被害を受け、その復旧、復興のために県議会が現地視察や復旧案策定、被災者支援などに率先活躍されましたことは県民がよく知るところで、改めて白田議長はじめ議員各位に感謝と敬意を表します。
 さて、昨年暮れに国政に復帰した安倍首相は、戦後の日本を平和的に発展させた日本国憲法、とりわけ要である憲法第9条の戦争放棄・戦力不保持を廃棄し、国防軍創設、尖閣列島周辺の中国艦船の武力撃退、防衛費の今後10年間の増額など打ちだし、国民の不安を招いております。一方、靖国神社参拝支持、村山・河野談話の不継承を表明し、アジア諸国との緊張を高めております。
 また、安倍首相は、戦後政治構造の解体を主張し、一部政党と連携して道州制など大きな自治体中心の地方政治をめざし、小さい自治体や地域住民の声、願いが届きにくい制度を創りだそうとしているとの強い批判もあります。
 
茨城県九条の会は、今年の憲法記念日にアピールを発表し「戦後66年間の平和を創りだした日本国憲法を変えるな。アジアの諸国とはどんなに難しい問題でも、話し合いで平和的解決めざせ」と主張、安倍首相に送付いたしました。
 茨城県議会の議員各位には、大きく揺れる国政をしっかりと見据え、日本国憲法の精神を地域に活かす充実した県政を推進するよう県執行部を促し、県民生活の安定・向上に大きく資する活躍を期待いたします。
 2013年5月8日

茨城県九条の会

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional