ようこそ、茨城県九条の会へ!

茨城県市民連合のうごき

安保関連法の廃止、立憲主義の回復を求める茨城県市民連合

結成宣言

 市民連合は、昨年の安保関連法案に反対する総がかり行動を担った多くの諸団体の経験と英知から生まれてきました。法案の制定阻止から違憲の法律廃止および憲法による権力の歯止めにむけて野党共闘の実現・野党の多数派形成を呼びかけた団体有志の決断がいまや全国に浸透し、相次ぐ地域市民連合の発足をもたらしています。
 市民が野党を動かし共闘を実現している。市民連合の存在感は日増しに高くなっている。これが誇大宣伝でないことは日々証明されています。
 メデイアの報ずるところ、すでに、夏の参院選に向けた野党共闘は、32の改選1人区のうち15選挙区で野党候補一本化に合意し、さらに10選挙区で統一候補について協議がすすんでいるところまできています。

 衆参同日選挙あるいは衆議院総選挙の前倒しが喧伝されており、衆議院での野党多数派形成で安保関連法の廃止措置をとりうる可能性もでてきており、野党共闘の拡大強化はいっそうつよく求められております。市民連合のはたすべき役割はさらに大きくなっているといえます。

 茨城県市民連合は、1.安保関連法の廃止、2.立憲主義の回復(これには一昨年7月1日の集団的自衛権行使容認閣議決定の撤回を含む)、3.個人の尊厳を尊重する政治の実現、を基本目標とし、その実現に向かう野党共闘を要求し、かつ、この目標に対する政治姿勢・公約を基準にして国政選挙における候補者の推薦と支援をおこないます。
 
 まずは、来る7月の参議院選挙にむけて、具体的に候補者・関係政党と協議し、基本目標への同意を確認して、統一候補に全野党はもちろん、多数の県民有権者を結集させていく運動を全力を挙げて追求します。
 茨城県市民連合の名において、多数の県民有権者に統一候補者への支援を力強く訴えていきます。
 そのためには、茨城県市民連合の結成と掲げる基本目標への賛同者を拡大し、賛同者各人が居住域や職域において啓蒙・宣伝活動を精力的に行なわなければなりません。
 以上の行動は、疑いもなく憲法12条にいう自由と民主主義擁護のための「国民の不断の努力」であります。
 正義は、私たちにあります。これに確信をもち、子や孫に平和で個々人が尊重される社会を確保する崇高な闘いに勝利するために連帯して頑張りましょう。

2016年4月13日

安保関連法の廃止、立憲主義の回復を求める茨城県市民連合
結成のつどい 参加者一同
**********

承認された共同代表・事務局長

共同代表

市川紀行(元美浦村長)  井坂敦実(元筑波町長)
川田弘二(元阿見町長)  川口玉留(戦争させない1000人委員会県南協議会代表)
小久保忠男(元古河市長) 鈴木邦夫(元茨城新聞編集局長) 
原中勝征(元日本医師会長) 藤澤順一(元つくば市長)
二見伸明(元運輸大臣・公明党) 先崎千尋(元瓜連町長) 
益子絹枝(画家) 村上達也(元東海村長)
谷萩陽一(元日弁連副会長)

事務局長

田村武夫(元茨城大学副学長)

茨城県市民連合からの情報
最新のものが上

  •  1月29日 茨城県第3区市民連合設立の集いが取手市福祉福祉交流センターで開かれます。
  •  2017年1月22日 第1区地域市民連合の設立総会が岩瀬公民館で開催されます。 
  • 10月30日 第6区・筑波山地域市民連合が設立。これは、県内の衆議院議員選挙区ごとに市民連合を結成していこうとの方針により第1弾として発足したものです。⇒こちら
    この間の空白をお詫びいたします。
  •  6月18日(日)市民連合も共催する「取手総がかり行動」が予定されています。⇒茨城県市民連合ニュース
      同日、桜川市に住んでいる「九条の会・かさま」の仲間が呼びかけ「戦争法廃止!桜川市市民連合」を結成し、13時30分から桜川市真壁伝承館大ホールで結成のつどいが開かれます。当会の原中勝征、村上達也共同代表がスピーチします。
  •  6月6日(月) 茨城県市民連合の共同代表6名ほか事務局6名の皆さんは、茨城県庁の記者クラブで次の参議院議員選挙に向けた基本的な取り組みの方針について記者会見を行いました。翌日の報道はここ
  •  5月29日(日)14:00から筑西市の生涯学習センターで市民連合が共催する講演会が開かれます。講師は小林節(慶応大学名誉教授)と鈴木  (東京大学教授)の両氏です。チラシが届き次第掲示します。
  •  4月13日(水)茨城県総合福祉会館で「茨城県市民連合結成のつどい」が開かれました。夕刻6時30分の開会前には、ホールの入り口から参加者の皆さんが溢れ、用意した300席分のプログラムが早々になくなってしまいました。
     中野晃一さんの講演では、全国に広がった地域の「市民連合」の動きと野党共闘の姿を紹介されました。立憲主義を踏みにじる安倍政権を退陣させる道は、今度の参院選で野党共闘を進め1人区で自公候補者に競り勝つことだと具体的な数値を示しながらのお話しでした。
    シールズの諏訪原健さんのこの会の結成に対する熱い応援メッセージもあり、参加者からは「待ちに待った設立だった」と大いに盛り上がった集いになりました。メディアもNHK・朝日・毎日・東京・茨城新聞などが取材しました。関連写真
    つどいの動画=https://www.youtube.com/watch?v=zf2RfyozBK4/13

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional